グルコサミンランキング※関節痛を和らげるサプリメント

グルコサミンを摂取して

グルコサミンを摂取して、ひざの痛みが軽くなって来て、生活が変わって来ました。

 

気持ちの上でも、明るくなって毎日楽しく過ごせるようになってきました。

 

グルコサミンを飲む前は、ひざが痛くて、憂うつでした。あまり動く気になれず、買い物へ行くのも溜息をついているような状態でした。

 

趣味は登山でしたが、そんな余裕もなくなっていました。ひざが痛くて、登山をしているような場合ではなかったからです。

 

そんな時に、家族にグルコサミンをすすめられました。

 

とにかく、試しに一度飲んでみたら、と言われて、期待せずにグルコサミンを購入して飲み始めました。

 

毎日続けて飲んでいると、ひざの痛みが軽くなったような気がして来ました。

 

それで、毎日熱心に飲み続けていると、ひざが軽くなって来ました。今では、グルコサミンが手放せないようになりました。

 

最近は、外へ出かけるのもおっくうではなくなってきました。

 

近所への散歩も少しずつ再開しています。また趣味の登山を再開できたらいいな、と思っています。

 

グルコサミンのおかげで、こんなにひざの状態が変わるとは思ってもいませんでした。

 

グルコサミンを試しにのんでみて、本当に良かったと思っています。グルコサミンに感謝しています。

 

関節痛に効くグルコサミン比較ランキングはこちらhttp://www.apuintyspanishschool.com/

関節痛が治ってよかった

私自身は関節痛に悩まされたことはありませんが、私の母が階段の昇り降りの激しい職場で、膝の関節痛に悩まされておりました。それでも、スピードが勝負の職場なので、階段の昇り降りを走ってしなくてはならず、仕事から帰って来た時の膝の状態は、かなり悪かったように思います。

 

しかし、仕事を辞めるわけにはいかず、病院に行く時間も取れなかった母は、テレビで紹介されていた、関節痛に効果があると言われている、グルコサミンを飲むことにしました。

 

そして、膝用のサポーターを購入しまして、グルコサミンを飲んでも、すぐ治るというわけではなかったので、私が母の太ももから足の裏までマッサージをしたり、鎮痛剤を塗って、1番ひどい時期の関節痛は乗り越えられました。

 

今現在は、階段の昇り降りのきつかった職場は辞めまして、気になるようなひざの関節痛も滅多になくなりましたので、つい先日も、往復10キロ程の距離を歩いてきたところです。母曰く、「階段の昇り降り以外は、そこまで気にならない痛みだった」そうで、それが、不幸中の幸いだったなと、話を聞いて思いました。

 

結局、何が一番、関節痛に聞いたのかはわかりませんが、おかげさまで、一緒に楽しく歩けているので、本当に関節痛が治ってよかったなと、親子共々喜んでいる次第です。

私の膝関節痛について

私は、小学生3年生の時に、膝の一部を剥離骨折し、それを治療もなく放置していたことにより、いまだに冬場は膝関節が痛くなります。

 

今思うと、怪我をした当時はかなり痛みましたが、なぜか病院には行きませんでした。骨折を知ったのは、数年後、別の痛みによりレントゲンをとった際に、医者から「この症状は問題ないが、以前に骨折してるようですよ」と言われたことにより、初めて大きな怪我があったことを知りました。今となっては笑い話ですが、ここ数年、関節痛がひどくなっている気がします。

 

私の場合、姿勢や関節の向きにより、痛みが出てくるものではなく、冬場になると常にじんわり痛い感じです。

 

患部を温めるのが良いとは聞くのですが、私の場合は、それにより多少気が紛れるということはあるかもしれませんが、痛みが引くということはありません。

 

むしろ気分を紛らわせるためであれば、散歩をするなり、自転車に乗るなりしているほうが良い気がします。

 

それが辛い場合は、プールなどで水中ウォーキングをしています。水中ウォーキングは浮力により、身体や患部に負担なく、身体を動かすことができます。気分転換にはもってこいですし、関節痛による運動機会の減少を補うこともできます。

 

関節痛にも色々あって、それぞれに悩みはあるかと思いますが、水中ウォーキングは誰にでもオススメしています。症状を固定させないためにも、僕はゆっくりとした負担のない運動の継続が大切だと思います。

若者の関節痛

私は小学生の頃からダンスを習っていました。

 

先生が厳しい人で、発表会やイベントにもよく出演して踊っていました。

 

中学生高校生と年齢が上がる毎にどんどんのめり込んで、高校生の頃はインターハイを目指すダンス部の部長として、アルバイトや往復80分の自転車通学に習い事のダンスの傍ら、必死に練習をしていました。

 

しかし無理をし過ぎたのか、高校2年生の頃にヒザと腕に関節痛を感じ、胸の肋骨に繋がる骨も軋む様になり始めました。

 

病院の診察で、関節痛は今までの無理がたたって軟骨が磨り減り始めて引き起こされていて、胸骨は疲労骨折の手前まできているので、しばらくは運動を控えて安静にする様にと言われました。

 

それからは3ヶ月程安静にして、病院で勧められたグルコサミンやコンドロイチンを豊富に含むサプリメントを飲み続けました。

 

最初はサプリメントの効果が分からなかったのですが、1ヶ月を過ぎてくると以前は関節痛で辛かった動きもなんなくこなせる様になり、定期健診では軟骨が少し元に戻っていると言われました。

 

まだ若かったので、普通の大人の関節痛よりも治りが早くサプリメントも効いてくれたとの事です。

 

なので3ヶ月は安静にしていましたが、その後は以前程無理はしない程度にダンスなどを続け、卒業まで無事にやり遂げる事が出来ました。

 

現代では若者でも関節痛になる人が私の様に多いそうなので、若いから大丈夫ではなく、誰でも生活の中で気をつける様にしなければいけませんね。

関節痛に効果のある物

年齢を重ねると共に悩みになってくるのが、ひじ、膝などの関節痛です。

 

原因は色々ありますが、一番多いのは変形性関節症で、軟骨のすり減りと筋肉の衰えから間接の支える力が弱くなり痛くなります。

 

関節痛が悪化すると、日常生活に支障が出てくるので、少しでも和らげる為意識して関節痛に効果のある栄養素を摂らなければいけません。

 

関節痛に効くサプリとして有名なのがグルコサミンとコンドロイチンです。

 

グルコサミンは磨り減った軟骨を再生される働きがあり、カニの甲羅や海老の殻に含まれています。

 

コンドロイチンは軟骨の元となる成分で軟骨やふかひれなどに多く含まれています。

 

食品から両成分を摂取する事は難しいので、効率よく摂るためにサプリメントをオススメします。

 

小林製薬やサントリーなど様々な会社からグルコサミン&コンドロイチンのサプリが販売されています。

 

値段も手頃で一ヶ月1000円前後で買える物もあるので、毎日続けやすいです。

 

サプリを摂る以外に、関節に負担をかける様な行動は控え、適度な運動で筋肉を鍛えることが大切です。

 

関節痛は誰しも避けては通れないものですが、予防により軽くする事はできます。

 

足りない栄養素はサプリで補い、関節に違和感を感じたら病院で診察してもらって下さい。